岩殿観音の東のほうにあるこの滑車のような物の残骸は、かつて上名栗の白岩で産出していた石灰をケーブルを使って吾野駅まで運んでいたものの名残のようです。
この残骸とその所在についてはある方のblogで知ったのですが、残念なことに閉鎖されてしまった?ようです。
場所は、吾野駅裏側の、墓地を右手見ながら前坂に続く道を上っていくとT字路になっており、そこを左に行かず右に行くとあります。

鉱業がらみの話となると、吾野には西武建材の吾野鉱業所があり、現在でも石灰等を採掘しているようですが、昔の写真と現在の様子を見比べてみると、削られた山の高さに驚きます。鉱山となっていた山は、今では想像できないぐらいの大きさがあったようです。


戦前の写真。郷土館にあります。


現在の写真です(2007年6月撮影)

戻る