飯能百景 94

吾妻大橋

この橋は、県道飯能・名栗線の大字永田と小岩井を結ぷ橋です。昭和58年11月10日に、工事に着工し、61年3月20日に完成した鉄骨構造の橋です。

入問川の深い谷にかけられたこの橋は、長さ95b・幅員10bの橋で、橋上から河川までの高さが約20bあります。

今までは、この橋がなかったため県道へは、下流の岩根橋又は上流の千歳橋まで行かなくてはならなかったものが、この橋の完成によって、交通の便がとてもよくなりました。

この橋の名にふさわしく、ここを流れる川は静かに、澄んだ流れで、四季おりおりに移り変わる景色のすばらしさと、この赤い橋が、よく調和した美い姿をみせていよす。

戻る