飯能百景 70

愛宕山

この愛宕山は、大字白子地内にある標高約250bの山です。曹洞宗長念寺の後山で、国道299号からなだらかな山あいを20分ほど登って行くと、頂上に白子の鎮守であり、火伏せの神である、愛宕神社がお祭りしてあります。

この山を日高町の武蔵横手駅前の国道から白子に向い見上げてみると、すばらしい三角形にそびえたつ山の姿を見ることかできます。また、春の桜、夏の蝉しぐれ、秋の紅葉など四季折々の風情を楽しませてくれます。

山頂からは、大気の良いよく晴れた日には、都心までも見わたせるほど視界の開けた所です。ハイキング又はドライブの折、この山のすばらしい姿をご覧ください。

戻る