飯能百景 69

大正橋

この橋は、県道飯能名栗線を名栗村へ向って行き、原市場小学校を過ぎた所を右手におれた所で、県道と原市場地区の房ケ谷戸を結ぶ橋です。

昭和46年3月に完成したこの橋は、延長40b、幅員4bで総工費約2干40万円で架け換えられた永久橋です。

この橋の下を流れる入間川も今は、夏の観光シーズンが過ぎ、つり人もあまりみられなく、静かに流れています。川へ降りてみると、この橋と川の流れと河原につきだした岩とがすばらしい景色を映し出しています。

奥武蔵のハイキングを楽しみ、子の権現から倉掛峠を越える山の景色から、この川と山と橋とがよく調和した景色をながめてみるのも一興でしょう。

戻る